シェア

インフォメーション

【レポート】おやこじてんしゃ勉強会byOGK

【レポート】おやこじてんしゃ勉強会byOGK

7月8日(水)15:00~
おやこじてんしゃ勉強会byOGK

14時からのMIRAISおしゃべり会に引き続き、おやこじてんしゃ勉強会を開催。
開催前に当日参加された0歳児ママのアンケートでは、保育園の送迎に「おやこじてんしゃ」を使用しようと考えている方は少数派のようでした。

今回は、保育園が決まり送迎に自転車を使う事になった場合でも慌てないように、おやこじてんしゃの基本的な知識を勉強しました。

いろんなタイプのおやこじてんしゃ・パーツ

OGK技研の藤田さんに、さまざまなタイプのおやこじてんしゃとチャイルドシートをショールームから中継で紹介していただきました。
【レポート】おやこじてんしゃ勉強会byOGK

【レポート】おやこじてんしゃ勉強会byOGK

自転車のサイズ

今はタイヤ小さめの20インチが人気。
子どもの乗せ降ろしがしやすいけれど、身長の高いママにはこぎにくいなどの欠点も。

他に24インチ・26インチなどがあるので、自転車屋さんで試乗し、身長に合わせたサイズを選ぶようにしましょう。

チャイルドシートの位置

チャイルドシートがハンドルと一体型になったタイプは、バランスが取りやすく安定感があります。
ただ、前乗せタイプのチャイルドシートに乗れるのは1歳から3歳までなので、4歳からは後ろ乗せのチャイルドシートに買い替えなければいけません。

後ろ乗せタイプのチャイルドシートに乗れるのは1歳から5歳(自治体によって小学校にあがるまでとしている事があるので要確認)までです。

1歳になったばかりの子どもでも後ろに安心して乗せられるチャイルドシート「グランディアプラス」は、シートのセーフティパッドや270度頭を守るヘッドガード、シートベルトやバックルの調整も簡単。
年齢に合わせて前乗せタイプと後ろ乗せタイプの二つを購入するより、グランディアプラス1台の方がコストパフォーマンス良いかもしれませんね!

☆OGK技研「グランディアシリーズ」ホームページ  https://ogk.co.jp/grandia/

【レポート】0歳ちゃんのベビーマッサージ&おやこじてんしゃミニ勉強会byOGK

雨対策・日よけなどパーツについて

雨対策のチャイルドシート用レインカバーは、前乗せ用、後ろ乗せ用、一体型用と、シートに合わせた形があるので必ず合わせたものを使いましょう。
UVカットのチャイルドシート用日よけや冷却シートなど、暑さ対策グッズもいろいろあるそうです。

おやこじてんしゃ、これは○or✖???

Q. 0歳の子どもを抱っこひもで抱っこして自転車に乗っても良い?
A. ✖ です!
抱っこで自転車に乗ることは禁止されています。おんぶは禁止されてはいませんが、過去に死亡事故も起きているので、おやこじてんしゃプロジェクトではおんぶでも乗らないようお願いをしています。

Q. 雨の日は傘をさして乗っても良い?
A.  ✖ です!
危険なので絶対やめましょう。道路交通法で禁止されています。チャイルドシートにはレインカバー、ママはカッパとレインシューズを着用しましょう。

Q. 子どものヘルメット、嫌がるから被らせなくて良い?
A.  ✖ です!
子どもが自転車に乗る時は13歳までヘルメットの着用に努めるよう道路交通法で決められています。自転車での死亡事故の64%が頭部のケガによるもの。転倒した際子どもをケガから守るため、自転車に乗せる時にはしっかり被らせる習慣をつけましょう!

【レポート】おやこじてんしゃ勉強会byOGK

毎週水曜15時~:おやこじてんしゃ勉強会オンライン

・これから子ども乗せ自転車の購入を予定している方
・子ども乗せ自転車の購入を迷っている方
・すでに子ども乗せ自転車を利用している方
・育休中、赤ちゃんママパパ 等

毎週水曜15時~、おやこじてんしゃ勉強会オンラインは、いろんなママパパにご参加いただける勉強会を企画しています。

詳細、お申し込みはイベント一覧から

イベント一覧 >> https://oyakojitensya.com/event

シェアする