シェア

インフォメーション

☆★おやこじてんしゃユーザーのリアルボイス★☆ ~先輩ママの選びかた&使いかた~②

通園やお買い物、習い事などにおやこじてんしゃを利用している6名の先輩ママユーザーさん。

みなさん口をそろえて「買ってよかった、高くても価値のあるお買い物でした」と答えてくれました。

おやこじてんしゃプロジェクトでは、これから購入予定のママたちにも同じように「価値」を感じてもらいたいと願い、先輩ママユーザーさんに選びかたや使いかたを詳しくインタビューしました。

利用シーンや住環境、体格や家族構成によっても変わる自転車・チャイルドシートの選び方を、自転車本体とチャイルドシートを別購入しカスタマイズしたママたちのリアルな声を中心にお届けします。

●鈴木さん

家族構成:夫・長男(3歳)・次男(1歳)
自転車購入の目的:通園・習い事送迎のため
お住いの環境:割と平坦、近くに大きな道路があり、交通量も多い
身長:159cm
自転車のタイプ:電動自転車 20インチ
チャイルドシート:前乗せ…①自転車購入時に付属していたチャイルドシート(ハンドルと一体型)
後ろ乗せ…②購入時は荷物を入れるカゴを付けていた。
その後、下の子が自転車に乗れるようになった段階で購入

※①②はチャイルドシート利用(取り付け)の順番

興味の幅も広く好奇心旺盛な鈴木さん。

おやこじてんしゃに乗るようになってからは、子どものイベントなど多少遠くても自転車で出かけるそう。

電動自転車の購入にあまり積極的でなかったご主人には、購入するメリットを伝えて説得されたとのこと。

今、電動自転車は、生活必需品枠の出費として確固たる地位を築いたそうです。

☆★おやこじてんしゃユーザーのリアルボイス★☆ ~先輩ママの選びかた&使いかた~②

☆★おやこじてんしゃユーザーのリアルボイス★☆ ~先輩ママの選びかた&使いかた~②  

Q.おやこじてんしゃを買う時はどのように情報収集しましたか?

「インターネットでたくさん調べました。

電動アシスト付き自転車は、急にスピードが出るのが怖かったので、踏み出しで加速しすぎないもので、チャイルドシートについては子どもの足が守られている安全性の高いものを探しました。

ある程度知識を得た上で自転車屋さんにも足を運び、お店の方の意見を聞いて絞り込んでいきました。」

おやこじてんしゃプロジェクトより

おやこじてんしゃは買ったら終わり、ではなく、安全運転のためには定期的なメンテナンスも大切です。

自転車購入ができるオンラインショップも増え、店頭より品ぞろえが豊富だったり値段が安かったりと利点もありますが、相談など気軽にできる「かかりつけの自転車屋さん」をつくりましょう。

ネット購入したチャイルドシートの取り付けも、安全のために自転車屋さんにお願いしましょう。

Q.後ろ乗せチャイルドシートを後で購入されていますが、メリット・デメリットはありましたか?

「自転車同様にインターネットで情報収集・購入しました。子ども二人を乗せて自転車で出かけられるメリットは体力的にも大きいですね。

後ろのチャイルドシートを付ける前は荷物を置くカゴがついていたのですが、後ろに子供を乗せるようになってから、荷物を置く場所がなくなってしまったことに気が付きました。

後ろのチャイルドシートの背中側に荷物を引っかけるようにして対応していますが、子どもを二人乗せることを予め想定していたら、前に荷物を置くカゴがあるタイプの自転車を買った方が良かったかも、と思います。」

おやこじてんしゃプロジェクトより

チャイルドシート背面は荷物を引っかけることを想定して設計されていません。

走行中に荷物が落ちてしまったりチャイルドシートが変形してしまったりする恐れがあります。

安全運転のためにはリュックサックに荷物をまとめるなどしていきましょう!

Q.歳の近い兄弟(二歳差)を乗せる事で大変なことはありますか?

「通園にも習い事にもおやこじてんしゃは本当に大活躍なのですが、子どもたちの乗せ降ろしする場所は安全のため慎重に選んでいます。

長男は自転車から降りて待つことができますが、次男はまだ1歳6か月のため言葉が通らず、自転車を降りてから道路に向かって走り出しヒヤッとしたことが何度かあります。

乗るときだけではなく、停車しているときも安全に気を配っていきたいなと思っています。

小径(20インチ)で安定感はあるけれど、タイヤが太いのでスーパーや駅前にある駐輪場に止める時に入れづらいことがありますね…。

子どもを降ろしてからでないと駐輪できないので、二人に目をやりながら自転車を停めるのはちょっと大変です。」

おやこじてんしゃプロジェクトより

電動自転車は、生活必需品!と言い切るアクティブな鈴木さん。

前乗せのチャイルドシートが自転車一体型のためお子さま二人を乗せると荷物の置き場所が無い、小径タイヤは安定するけど太いため駐輪場のレーンに入れづらいことがある、など、実際に利用してから気づいたというデメリットは、これから自転車選びをするママの参考になりそうです。

乗せ降ろしをする場所にも気を配るなど、安全運転は走行中だけではないこともお話していただきました。

鈴木さんの乗り方、選び方、これから自転車に乗るパパママにはぜひ参考にしてくださいね。

▶買う前&乗る前に、先輩ママの体験談を聞いてみよう!
オンライン&参加無料で開催中の『おやこじてんしゃ勉強会』スケジュールはこちら
 https://oyakojitensya.com/event

シェアする