シェア

インフォメーション

【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術

11月11日(水)14:00~
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術

育休復帰を控えていたり、お子さまの入園を機にお仕事スタートを予定しているママは、少しずつ生活スタイルを考えていく時期ですね。

家事・育児・仕事、どうやって両立する…?そんなママの不安を解消すべく、先輩ママ講師をゲストにお迎えし、時短術や送迎のマストアイテム「おやこじてんしゃ」の最新情報、ワーママのための活用術や便利アイテムをご紹介いただきました。

8人兄弟のママに学ぶ〈家庭運営術〉

2歳~13歳の8人のお子さんを育てながら、ネイルサロンの主宰や講師業など、多方面で活躍しているつるやまりかさん。

家事も育児も一般家庭の何倍もしなければならないことがあり大変なはずなのに…どんな工夫をして、家庭運営しているのか、気になりますね!つるやまさんが実践している家庭運営術とは?

【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術

大切なのは「可視化すること」。

家事育児に仕事もこなし…タスクが多いのは当然!

そこですべきなのが…何に時間を取られているのか把握し、「まとめる」「やめる」「効率化」を書き出していくこと。

その上で「自分でないとダメなこと」「手放してもいいこと」に分けてみましょう。

Web上で公開されている、共働き家庭の家事育児タスク表などを利用して書き出してみるのもオススメです。
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術

仕事と子育て両立の8つのコツ

・料理や家事は「時短」を意識する
・家事にかかる労力を減らす
・「時間の長さ」より「質」で子どもと向き合う
・柔軟な考えを持つ
・便利グッズは最大限に利用
・家族を巻き込み、自立させる
・「ながら作業」を取り入れる
・市販品やサービスなどを使う事に「罪悪感」を持たない

まずは「可視化」し、この8つのポイントを意識しながら整理をすると、必要なもの・不必要なものが見えてきますよ。
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術
▲つるやま家では、子どもたちも家事の立派な戦力!つるやま流の巻き込み方法の紹介もしていただきました。

両立のための三種の神器

必要なものが見えてきたら検討したい、共働きに便利な家電です!

・電動掃除機
・電気調理鍋
・食器洗浄機

話題の電気調理鍋は、放っておくだけで一食できるので、とっても便利。

つるやま家では、家族全員分作れる容量の大きなものが大活躍しているそうですよ。
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術
▲完璧を目指さなくても大丈夫!合計したらきっと100点以上になっていますよ、という温かいエールが印象的でした。

プレワーママが復職までに準備しておきたい「こと」&「モノ」

後半は、フルタイム勤務をしながら保活コンシェルジュ&ママサークルの主宰もしている水信典子さんの講座。

ご自身の復職経験に加え、たくさんのママたちに寄り添ってきた経験から、さまざまな角度からアドバイスをしてくれました。

準備しておきたい「こと」

・勤務先への確認事項は?保育園決定後は連絡&相談を。
・あなたにとって「働く」理由、目的は?書き出そう!
・お子さんが病気の時に頼れる人・サービスは?
・病気の時の対処法をご主人と共有しよう。
・お子さんの送迎方法の想定は?
・「やらないこと」を事前に決めよう。
・自宅の片付けに時間がかからないように準備を。

保育園に通い始めてすぐの頃、子どもがたびたび病気になり思うように仕事ができないなど、ママのメンタルが弱ってしまうことも。

そんな時も、ご主人や周囲のサポートで救われることがあるので、事前にしっかり打ち合わせをしておきましょう。
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術

準備しておきたい「モノ」

☆育児便利グッズ
・鼻吸い器 ・お名前シール・おむつのお名前スタンプ ・子ども用体温計など

【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術
☆三種の神器
 購入に踏み切れない場合、レンタルできるサービスもあるので、育休中に使い勝手を確認してみても良いですね。

☆おやこじてんしゃ
 抱っこ紐やベビーカーを使い徒歩で通園する時間が、おやこじてんしゃを使うと半分以下に!常に時短を考えるワーママの強い味方です。

おやこじてんしゃを購入する場合は、同時に子どものヘルメット、チャイルドシートのレインカバーやママのレインコート、レインバイザーなども用意しておくと、突然の雨にも慌てず安心です。
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術

▲おやこじてんしゃ勉強会で雨の日アイテム紹介講座も担当している水信さん。ブログでも雨の日のおススメアイテムを大公開!
https://ameblo.jp/colorfulkathushika/entry-12608038258.html

ワーママのためのおやこじてんしゃ勉強会

参加したママたちに予定している登園方法を聞いたところ…徒歩(ベビーカーor抱っこ紐)が半数以上でした。

でも…1年後も抱っこ紐でしょうか?年少さんの年齢でもベビーカーで登園するでしょうか?

後半は『ワーママのためのおやこじてんしゃ勉強会』と題して、いつか自転車に乗る可能性や、ワーママに知っておいてほしい『乗り方』『活用』などもご紹介しました。
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術
▲保育園バッグにお昼寝布団、ママの仕事バッグなどなど…徒歩では持ちきれない荷物になるかも?
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術
▲ママの通勤バッグもお忘れなく。ハンドル一体型のフロント(前乗せ)チャイルドシートは安定感がありますが、荷物の置き場についても考えておきましょう。(リュックタイプのビジネスバッグを活用など)。写真のようにハンドル引っ掛けタイプのチャイルドシートだと、前かごが使えるのは便利そうですね。
【レポート】はじめよう!育休復帰準備~プレワーママのための時短術
▲送迎時の服装は?制服やオフィスファッションで自転車に乗る場合…ロングスカートは巻き込みの可能性にご注意を!パンプスは脱げてしまったりペダルにヒールが挟まったり…実はとっても危険。オフィスに置き靴をするなど、予め対策できると安心です。

おやこじてんしゃは時短になる?との質問に、つるやまさんも水信さんも「なる!」と断言。

ただ、0歳入園のご家庭はご注意を。おやこじてんしゃに乗ることができるのは1歳から。

抱っこ紐で前抱っこをして、自転車を走行するのもNGです。

「0歳児はおんぶして、手押しで進むなど安全な方法を。園までは徒歩同等の時間がかかっても、子どもを預けてしまえば自転車に乗れるので、移動時間は短縮できる」

「チャイルドシートに荷物を乗せられるだけでもとっても助かる!お昼寝布団や使用済みのおむつ持ち帰りなど、意外と荷物が多い。」

など、実体験に基づいた活用法を紹介いただきました。

おやこじてんしゃの情報収集はお早めに!

入園直前になると、在庫が無くなったり納期に時間がかかったりして、入園式におやこじてんしゃが間に合わない…なんていうことも珍しくないそう。

年明け2~3月になると人気の自転車はすぐに手に入らないことも…。

育休復帰後に買おう、と思っていても、忙しくてじっくり選べない可能性もあるので、早め早めの検討がおススメです。

今後の「おやこじてんしゃ勉強会」で情報収集をして、安心して春を迎える準備をしましょう!

おやこじてんしゃ購入前にチェックするならクチコミよりもこちら!
チャリンコソムリエに聞く、おやこじてんしゃの選び方

シェアする