シェア

インフォメーション

【レポート】誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

おやこじてんしゃプロジェクトbyOGKでは、子ども乗せ自転車デビュー予定のママたちから寄せられた質問にお答えする【なんでも相談会】を開催!

「初めて選ぶ子ども乗せ自転車、自転車屋さんでどんなことを聞いたら良いか分からないし…」「ネット検索しても何が正解かがよくわからない…」そんな素朴な疑問もこれを読めば解消できるかも?

寄せられた質問はこちら!

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

相談&質問に答えてくれたのは、こちらのおふたり

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

水信 典子さん

赤ちゃんとの時間が楽しくなる子育て教室「BLOSSOM」主宰
新小岩ママサークル【からふる☆かつしか】代表
おやこじてんしゃプロジェクトbyOGK認定アンバサダー

葛飾区東新小岩在住。2児のママ。NPO法人が運営する子育てサロンの運営にもかかわる、ママ想いの頼れる女性。
年間360日以上おやこじてんしゃを愛用する「ヘビーユーザー」であり、おやこじてんしゃ勉強会の主催など、自転車の安全運転についても啓発活動を行っている。

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

OGK技研株式会社  藤田彩那さん

自転車用チャイルドシートメーカーのパイオニアであり、国内シェアトップのOGK技研株式会社。
「すべての子どもを自転車事故から守りたい」をコンセプトに、より安心・安全な自転車用チャイルドシートを提供すべく、開発を続けています。

【なんでも相談会】では、おやこじてんしゃプロジェクトのメインサポーターとして、東大阪市にある本社ショールームと中継を繋ぎ、最新型チャイルドシートやレインカバーなど、実物を映しながら、ママからの質問に回答いただきました。

なんでも相談会~自転車の選び方編

Q1.車移動が多いけど、ちょこっと乗りで子ども乗せ自転車も検討中。おススメはありますか?

A.ちょこっと乗りであっても坂の多い地域なら電動アシスト自転車が便利ですが、使用頻度が少ないのなら普通自転車で十分かもしれません。

あとは、自転車の利用用途、通園や習い事送迎など今後の予定も含め、乗せるお子さんの年齢と人数を考えてチャイルドシートのタイプを選ぶと良いでしょう。(水信さん)

Q2.保育園に通うので自転車を検討中。重視すべき選び方のポイントを知りたい!(価格は優しいのが希望です)

A.保育園や職場の距離が遠い、子どもを二人乗せる、お住まいの地域に坂が多い、という方は、電動アシスト付き自転車をおススメします。

移動距離がそれほどないのであれば、アシスト無しの普通自転車でもOK!

いずれを選ぶにしても、BAAマーク(安全・環境基準適合車マーク)・幼児2人同乗基準適合車マークがついていることを必ず確認しましょう。(水信さん)

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

自転車屋さんに行く前にチェック・動画で『選び方』を確認しよう!

Q3.フロントチャイルドシートの大きさって気にしたほうが良い?

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

A. 子どもの体格に合わせ、乗せ降ろしがスムーズにできるかどうかも試乗の際に確認しましょう。

ハンドル一体型のチャイルドシートは比較的ゆったり作られていることが多く、子どもを乗せる位置も低く、乗せやすいというメリットがあります。

今はチャイルドシートが自転車にセットされて売られているものが多いので、自転車本体と総合的に見て選ぶと良いかもしれません。(水信さん)

【参考】チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方

Q4.電動アシスト付き自転車を試乗したけれど、違いがわからなかった…チェックすべきポイントは?

A.試乗の時に確認してもらいたいのが、①乗り心地 ②手押しで押し引きがしやすいか ③子どもの乗せおろしのしやすさ、です。

あとは、自転車によってチャイルドシートの種類や機能・標準装備品も違いますので、そこで比較してみると良いと思います。(水信さん)

【参考】メーカー別アシスト付き自転車の特徴は?あなたにあった自転車選び~開催レポートはコチラ

【レポート】9月16日(水)おやこじてんしゃ勉強会byOGK 自転車ヘビーユーザーが伝える!あなたに合った自転車選び&雨の日も怖くない自転車アイテム

なんでも相談会~チャイルドシートの選び方編

Q5.チャイルドシートはどんな自転車に取り付けることができますか?

A.ハンドルに引っ掛けるタイプの前乗せチャイルドシートは、ハンドルの形状が対応しているかどうか確認しましょう。

後ろ乗せチャイルドシートは、自転車にキャリヤ(荷台)が付いており、耐荷重が25㎏以上である必要があります。安定する両立スタンドや、足の巻き込みを防ぐドレスガードも取り付けましょう。

安全のためには自転車屋さんに確認や取り付けをお願いすることをおススメします。

これから自転車を購入する場合は、希望するチャイルドシートが取り付けできるかどうか確認してからの購入をおススメします。(OGK技研・藤田さん)

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会
▶動画で学ぶおやこじてんしゃ勉強会~基本編~もチェック

Q6.OGK技研さんの商品と他社商品の違いは?

A.大きな特徴は、頭部を守るための厳しい安全基準を設けており、ヘッドレストにはヘルメットと同じ衝撃を吸収する素材を使っていることです。

また、自転車用チャイルドシートを20年以上研究し作り続けているパイオニアとして、自転車事故ゼロを目指し、様々な試験をクリアした製品のみを提供しています。

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会
▲ケガゼロ発想から生まれたGRANDIA(グランディア)は、転倒時でも頭を270°守るトリプルヘッドガードが特徴。OGK技研 ケガゼロミッションの取り組みはこちら

Q7.チャイルドシートのヘッドレスト。高さが変えられるものと固定のもの、どちらが良い?

A.例えば3歳と5歳では身長、座高も変わりますよね。高さ調節ができると、子どもの成長に応じてヘッドレストの高さを合わせ、転倒時に頭周りをカバーしてくれる安心感があります。

また、チャイルドシートにレインカバーを取り付けた時に、ヘッドレストによって頭上のスペースがとれるので、子どもにとっては快適なようです。(水信さん)

ヘッドレストの高さが固定されているチャイルドシートは、軽さやデザインを重視して作られています。高さ調節できるチャイルドシートと比べると値段も変わってきます。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、ライフスタイルや予算に応じて比較検討されてみてはいかがでしょうか。(OGK技研・藤田さん)

Q8. GRANDIA(グランディア)のハンドル引っ掛け型(フロントチャイルドシート)は座面が狭い気がしますがどうですか?

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

A.フィット感を重視しているため他の商品より1センチ程度小さめになっていますが、特別に大きな子でなければ気にならないのではないかと思います。

GRANDIA(グランディア)は「抱きしめて守る」をコンセプトに、ヘッドレストや足回りを包み込むようなデザインが特徴で、スリムな作りになっているので、狭いような印象があるのかもしれません。

安全性をしっかり確保した商品ですので、ぜひ店頭で試乗されてみてくださいね。(OGK技研・藤田さん)

▼OGK技研 GRANDIA(グランディア)シリーズ はこちら
https://ogk.co.jp/grandia/

なんでも相談会~「おやこじてんしゃ」いろいろ

Q9.前乗せから後ろ乗せに切り替えるタイミングが分かりません。子どもが後ろに乗るのを嫌がります。

A.チャイルドシートはそれぞれ乗せられる「年齢」に決まりがあります。フロント(前)は1歳~4歳未満、リヤ(後ろ)は1歳~6歳未満(自治体によっては小学校入学前まで)です。

後ろに乗るとママの顔が見えなくなるからと嫌がる子どもには、「おにいちゃん、おねえちゃんしか乗れない特別な席だよ!」と伝えたり、「ママの背中をぎゅっと抱きしめられる」なんていう楽しみも、こっそり伝えてあげてくださいね。(水信さん)
【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

Q10.4月に保育園入園予定で、自転車で通園&通勤を予定しています。入園時にはまだ9か月ですが、その際に使用できる自転車はどんなものがありますか?

A.1歳未満の子どもはチャイルドシートに乗せることができません。
ヘルメットの着用も1歳以上となっています。前抱っこでの自転車運転は法律上NGです。

おんぶ紐の利用は法律上認められていますが、死亡事故事例もあり、またおんぶ紐メーカーによっては自転車乗車時の使用を禁止しています。

例えば、子どもはおんぶし、自転車に荷物を乗せて手押しで登園し、子どもを預けたら自転車で職場まで行く、という方法はいかがでしょう。

徒歩よりは時短になるかと思います。
しばらくは不便ですが…事故や転倒など、悲しい思いをしてからでは取り返しがつかないので、ぜひ安全第一で!(水信さん)

Q11.前後にチャイルドシートをつけています。ハンドル一体型のチャイルドシートのため、カゴがありません。荷物が多い時は、どのようにしたら良いでしょう…?

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会
A.まず、ママ・パパはリュックを活用しましょう!ハンドルやチャイルドシートに荷物を引っかけるのはとても危ないので、小さいもの、軽いものであれば子どもにも持ってもらいましょう!

ハンドル一体型のチャイルドシートは、安定性が高く、運転しやすいのがメリットですが、後ろにもチャイルドシートをつけてしまうと荷物を載せる場所が無いのがデメリットですよね…。

ですが、そんな荷物問題を解決する商品をOGK技研さんで開発中だとか…!?みなさん、乞うご期待!(水信さん)

Q12.1歳児ですが、後ろ乗せより前乗せが安全ですか?

A.子どもが目に届く方が良いので、小さいうちは前、大きくなったら後ろ、とおやこじてんしゃ勉強会では伝えています。
ただ、自転車の運転に自信がない方は、後ろ乗せの方が集中して運転できるかもしれません。

1歳になったばかりなのか、間もなく2歳なのかにもよりますし、お子さんの体格や性格も考慮して選んであげてくださいね。(水信さん)

Q13.チャイルドシートのレインカバー、どうやって選べば良い?

A.純正レインカバーがおススメです。純正でない場合、サイズが合わずに取り付けできなかった、雨水が濡れてしまった、ということもあるようです。

既製品を選ぶ場合は①対応機種かどうか②チャイルドシートの機能を損なうことがないか、をチェックしましょう。
また、乗せ降ろしの際のカバーの開け方も商品によって異なるので、そこも重要なチェックポイントです。(OGK技研・藤田さん)

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

Q14.雨の日はできるだけ乗らないようにするつもりですが、急に降ってきたときはレインコートを使おうと考えています。安全性に問題はないでしょうか。

A.傘さし運転は絶対にNG!運転するママやパパはレインコート・ポンチョを着用しましょう。チャック式のロングタイプのレインコートは着脱が楽で良いと思います。また、レインバイザーやレインブーツ、防寒防水手袋も用意しておくと雨の日も快適ですよ。(水信さん)

【参考】入園準備にも!あなたに合った自転車選び&雨の日も怖くない自転車アイテム

【レポート】11月25日(水)入園準備にも!あなたに合った自転車選び&雨の日も怖くない自転車アイテム

Q15.ヘルメットの正しいサイズの合わせ方が知りたいです。

A.眉毛の上あたりを水平に、ぐるりと頭のサイズを測りましょう。
海外メーカーのヘルメットは日本人の頭の形に合わないこともあるので、国内メーカーのものを選ぶのがおススメです。

ヘルメットは重そうに見えますが、実はとっても軽くできています。1歳から必ず被らせるようにしましょう。(水信さん)

▼「OGKカブト」子ども向けヘルメットホームページ
https://child.ogkkabuto.co.jp/

【レポート】1月27日(水)15:00~ 誰に聞く?はここで解消!おやこじてんしゃ【選び方&乗り方】なんでも相談会

情報収集ならオンライン&参加無料の『おやこじてんしゃ勉強会』へ

おやこじてんしゃプロジェクトbyOGKでは、水曜午後に「おやこじてんしゃ勉強会」をオンライン開催中。

ママ目線の情報&メーカーからの最新情報をお届けしています。
子ども乗せ自転車の利用を考えている方、購入時期は未定でも情報収集したい方はどうぞお気軽にご参加ください。

好きな時に視聴できる『おやこじてんしゃ勉強会』の動画も公開中!
合言葉は…親になったらもう一度、じてんしゃを学ぼう!ぜひご覧ください。

▼おやこじてんしゃ勉強会開催スケジュール
https://oyakojitensya.com/event
▼動画で学ぶ、おやこじてんしゃ勉強会
【基本編】全体を把握したい方向け

【選び方編】自転車屋さんに行く前に、ポイントを抑えよう!

【乗り方編】ハンドルを握る前に、再確認!

シェアする