シェア

インフォメーション

【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

3月24日(水)15:00~
間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

妊娠・出産を経て、久しぶりに自転車に乗るというママ。

または初めて電動アシスト付き自転車を購入したというママやパパ。
自転車の運転に不安はありませんか?

子ども乗せ自転車ならではのチェックポイントや再確認したい交通ルール、雨の日の注意点について、おやこじてんしゃプロジェクトbyOGK認定アンバサダーから、間もなくおやこじてんしゃデビューを迎えるママにお伝えしました。。

自転車の安全な乗り方

自転車は車のなかまです。道路交通法では、自転車は軽車両に位置付けられています。

公道を「車両」として利用するのに、自転車には運転免許証がありません。

乗り方や交通ルールなどは小学校の「交通安全教室」で習ったっきり、忘れてしまっている…そんな方が多いはず。

わが子を乗せて運転する前に、もう一度交通ルールを学んでおくことが大切です。

最低限守りたいルールとマナー

【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】
【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

●走行時は車道の左側を走りましょう。
●右折時は二段階右折で。
●「自転車安全利用五則」をもう一度見直しておきましょう。

【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

▼歩行者感覚で自転車に乗っていませんか?

再確認したい基本的な交通ルールとマナーはコチラ

基本的な交通ルール

ハンドルを握るパパ・ママの心得。おやこじてんしゃ10のやくそく

ルールを覚えること以上に大切なこと、それは安全運転の意識を持つこと。

私たち「おやこじてんしゃプロジェクト」が大切にしている「おやこじてんしゃ10のやくそく」をご家庭でも定期的に読み上げてみてください。

きっと忘れそうになっていた安全の意識と子どもの大切さを思い出させてくれます。

1 おやこじてんしゃはお店の人に相談して選ぼう。

⇒チャイルドシートの取り付けも自転車屋さんで。「かかりつけ」の自転車屋さんを作ろう。

2 初めて運転する前に広い場所で練習しよう。

⇒子どもを乗せて走る前に必ず練習!電動アシスト付き自転車の場合は感覚を覚えるために何度か練習しよう。

3 ヘルメット・シートベルトは必ず着用!

⇒転倒した時の頭部損傷のリスクを避けるためにも子どもには必ずヘルメットを。

4 乗り降りは平らな場所でゆっくりと。

⇒地面に傾斜のある場所やマンホール・点字ブロックなどは滑りやすいので気を付けましょう。

5 乗せるのは荷物から。降ろすのはこどもから

⇒子どもを前後に乗せる場合は、後ろの子から乗せて、前の子から降ろします。

6 歩道は歩行者優先。すぐに停車できる速度で!

⇒歩道で歩行者と自転車との接触事故が増えています。急がずゆっくりと、を常に心がけて。

7 運転中はケータイ・イヤホン絶対NG!

⇒自転車運転中に周囲の音が聞こえず危険です。運転中のスマホ操作は絶対NG!

8 雨が降ったら傘でなくカッパ

⇒自転車購入時に一緒にレイングッズも準備しよう。傘さし運転は道路交通法違反で罰則もあります!

9 ハンドルから手を離さない

停車中のスマホのチェックはとても危険!ハンドルが動き、荷物やチャイルドシートの子どもがバランスを崩し転倒の恐れあり!

10 移動だと考えると焦る。おやこで楽しむ時間と考えよう。

一緒に自転車に乗れる期間は限られています。おやこじてんしゃが親子の楽しい思い出になりますように。

雨の日対策グッズを用意しよう!

通園・通勤におやこじてんしゃを利用するなら、雨の日の準備もしておきましょう。

他の移動手段も検討しつつ、自転車移動をする可能性があるなら、突然の雨に慌てないよう、事前準備をしっかりと!

レイングッズ

【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

ママ用の「レインコート」 「レインブーツ」はマストアイテムです!

雨の日の自転車運転をより快適にするのなら、視界を確保できる「レインバイザー」や、手元が濡れない・冷えない「防寒・防水手袋」もあると良いですよ!

レインカバー

チャイルドシートごと子どもをすっぽり覆う「レインカバー」は街中で見かけることも多いアイテム。

どこから乗せ降ろしするの?どんな構造になっているの?興味津々の参加ママに向け、実物をご紹介!

自転車用チャイルドシートの国内シェア、トップクラス&おやこじてんしゃプロジェクトのメインサポーターでもあるOGK技研本社ショールームと中継を繋ぎ、レインカバーの実物をご紹介しました。

【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

前後にレインカバーを取り付け、ハンドルを握っているのはOGK技研株式会社の藤田さん。

身長158センチの藤田さんの実演で、実際の雨の日がイメージしやすくなります。

芯の入ったレインカバーは、型崩れしにくく、内部も広いので子どもにとって快適な空間。

高さはあるものの、運転者の視界も保たれていることが分かります。
これなら、雨の日でも親子とも快適ですね。

たくさんの種類が販売されているレインカバーですが、チャイルドシートの純正カバーがおすすめ。

サイズが合わないと水漏れがあったり、チャイルドシートの機能を損ねる可能性もあるそうです。

また、雨風や陽に照らされる消耗品でもあります。
雨の日に快適走行できるよう、一定期間で交換することを想定しておきましょう。

フォロワー限定モニター募集キャンペーン

最新型チャイルドシート「グランディアシリーズ」や、チャイルドシート用レインカバーなどのオプションアイテムが当たる!

OGK技研株式会社では、Instagramフォロワー限定のモニター募集キャンペーンを実施中(〆切:2021年4月18日)

新商品「ヘルメットホルダー」や「さらふわシート」など、おやこじてんしゃ愛用中の方に嬉しい商品もお試しのチャンスですよ!

▼詳しくはOGK技研Instagramキャンペーン情報

【レポート】間もなくおやこじてんしゃデビュー!親になったらもう一度、自転車を学ぼう!【乗り方&雨の日編】

もっとおやこじてんしゃを学びたい方へ

おやこじてんしゃプロジェクト動画【基本編】【選び方編】【乗り方編】をチェック!
乗り始める前に、もう一度自転車を学んで、楽しく安全なおやこじてんしゃライフを過ごしましょう。

▼おやこじてんしゃプロジェクト動画【基本編】

▼おやこじてんしゃプロジェクト動画【選び方編】

▼おやこじてんしゃプロジェクト動画【乗り方編】

シェアする