シェア

WEB講座

基本的な交通ルール

自転車は車と違って免許や試験が無くても運転できる乗り物なので、つい歩行者のような(気軽・守られている)感覚で使用する人が多いようです。ですが、自転車は法律上の車両の仲間で、ルール違反には罰則もあります。子どもたちに正しい交通ルールと、ルールを守ることを伝えるためにも、親自身が交通ルールを知り、ルールを守ることが大切。ルール順守だけでなく、マナーを守ることができれば、子どもたちの良い教育になります。

1人1人のおやこじてんしゃユーザーの意識と行動が、安全な地域をつくり、子ども達が事故に遭わないことにもつながるでしょう。

自転車の運転者である前に、子どもの親であり、子どもは親の行動を見ている事を忘れないようにしましょう。

一時停止

「止まれ」の標識があるところだけでなく、見通しの悪い交差点などでは一時停止して安全を確認しましょう。一時停止を心がける事は、スピードが出しすぎないことにもつながります。スピードがでていなければ防げる事故は多いのです。

自転車安全5則

自転車に乗るなら最低限知っておきたいルールが「自転車安全5則」です。

①自転車は、車道が原則、歩道は例外
②車道は左側を通行
③歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
④安全ルールを守る
・ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
・ 夜間はライトを点灯
・ 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
⑤子どもはヘルメットを着用(1歳~13歳未満)

歩道走行は「例外」で「徐行」が基本

歩道走行は基本NG!
歩道走行は「例外」で次のいずれかに該当する場合は歩道を通行することができます。歩道走行時は「徐行」が基本ですのでチリンチリーンとベルを鳴らして歩行者をどかすのはNG!

【歩道を通行できる条件】
①「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通るとき
②運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合
③安全のためやむを得ない場合

歩道走行時は「車道寄り」を「徐行」

歩道走行時は、歩道の中心より「車道寄り」を「徐行」しなければなりません。歩道は「歩行者のための道」。歩行者を優先して行動してください。歩道は前から自転車が走ってくる可能性があり、向かってくる自転車も「車道寄り」を走行しなければならないので、狭い歩道では特に危険が多いということも心得て走行しましょう。

交差点右折時の基本ルール

交差点での右折は二段階右折です!
道路の左端に寄り、交差点の向こう側までまっすぐに進み、十分速度を落として曲がらなければなりません。

信号機のある交差点は、青信号で交差点の向こう側まで進み、その地点で止まって右に向きを変え、前方の信号が青になってから進みます。

安全第一!自転車運転時にしてはいけない事とは

自転車運転時に禁止されていることをまとめました。

・飲酒運転絶対NG!

酒気帯び運転は、注意力や判断力が低下するため、運転者本人だけでなく歩行者への危険も高まります。アルコールを飲んだら絶対に自転車に乗ってはいけません。
子どもを乗せては飲酒運転は絶対にあってはなりません!

・スマホ・携帯電話の使用NG!

スマホや携帯電話で通話したり、画面を注視しながらの自転車運転は禁止されています。

・ヘッドホンなどで音楽やラジオを聴くのはNG!

大音量でヘッドホンなどを使用して車両を運転する行為は禁止されています。音楽に気をとられ歩行者や車両などの発見が遅れ交通事故につながります。子どもの声も聞こえません。子どもと一緒に歌ったり、子どもとのコミュニケーションを楽しみましょう。

・横に並んで走るのはNG!

ママ友と並んで走行しているおやこじてんしゃを見かけますが絶対NG!「並進可」の標識がある場合を除き、他の自転車と横に並んで走るのは原則禁止とされています。歩道では歩行者の通行の妨げになり、車道では車との距離が近くなり大変危険です。縦一列で走りましょう。

・暗くなってからの無灯火はNG!

夜は必ずライトをつけましょう。無灯火だと車両や歩行者から見落とされやすく、大変危険です。昼間でもトンネルなどの暗い場所ではライトをつけましょう。

・片手運転はNG!

雨が降ったら少しの距離だと思っても必ずカッパ。傘さし運転は絶対にやめましょう。

・一時停止の無視はNG!

「一時停止」の標識や表示がある場所では、停止線の直前で一度止まり、左右の安全をしっかり確認をしてから、再び走行します。
生活道路の交差点での出会い頭の事故は大変多く、一時停止の標識が無くても止まれる位の気持ちで走行しましょう。

・子どものヘルメット未着用はNG!

13歳未満の児童・幼児が自転車に乗るときは、保護者がヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。

[ヘルメットの選び方]

全国で開催!おやこじてんしゃ勉強会