シェア

WEB講座

自転車での通行方法(右折、左折、停車・直進等)

自転車での通行方法・はじめに

自動車の運転免許証を持っている人は交通ルールの理解があると思いますが、それでもいざ自転車で交差点にし入した時には、ルールが分からず戸惑うものです。子どもに正しい交通ルールを伝えるためにも、基本的なルールは押さえておきましょう。

基本的な交通ルール・交差点の通行方法

子供乗せ自転車のユーザーは、子どもたちに模範的な運転を心がけ、教育の一環として移動を活用してはいかがでしょうか。
基本的な交通ルールの中でも、特に事故やトラブルの多い交差点の通行方法についてお伝えします。

一時停止標識のある交差点

法律上自転車は車両の仲間。自動車と同様に道路標識や表示に従う義務があります。
一時停止標識のある交差点では、停止線の直前で一旦停止し、左右の安全を確認した後、発信します。

右折する場合は、出来る限り道路の左端に寄って進み、かつ、交差点の反対側渡り切るところで右折し、左端を「徐行」してください。(信号機のある交差点では、交差点の反対側に渡り切ったら一旦停止し、向きを変え、進行方向にある信号に従って進みます)

信号機のある(歩行者用信号機・自転車横断帯のない)交差点

信号機が設置されている交差点で、歩行者用信号機及び自転車横断帯の無い交差点を進行する場合、対面する信号機に従って進行します。

なお、この場合も車道の左側に沿って進行しますが、歩行者の通行を妨げる恐れが無い時は、自転車に乗って歩道を渡ることができます。ただし、歩行者がある場合は、歩行者の妨害とならないよう、自転車から降りて押して横断します。

対面する信号が「赤」の時は、停止線手前で停車します。

歩行者用信号機「歩行者・自転車専用」、横断帯のある交差点

歩行者用信号機のある場合で「歩行者・自転車専用」と表示してある交差点内では、車道ではなく、自転車横断帯を通行します。

対面する信号機が「赤」の場合は、停止線手前で一旦歩道に上がり、その対面する歩行者用信号機が「青」になってから自転車横断帯を渡ります。

【補足】

図のように交差点内をいったん左折し、すぐに右に方向を変えて自転車横断帯を渡る場合、左折する自動車の運転手が、「自転車も左折する」と誤解し、自転車を巻き込むリスクが高く危険な場合があります。

実際に自転車が交差点を直進する場合、正対する車両用の信号をみて、それまでの進路のまま車道を直進するのが(現実的に)安全で望ましいとされています。(ただ、法律では図のような渡り方をする事になっています。)

歩道を走行してきた自転車は、「自転車・歩行者用信号」に従い、横断歩道併設の自転車横断帯を通りましょう。

どのような場合でも、周囲の状況を確認し、最も安全な走行を。
ルール違反はしたくありませんが、ルールに縛られ、事故を起こしたり巻き込まれてはいけません。

安全が第一です。

※この補足は、サイト読者からのご意見等を元にプロジェクトで協議し掲載しました。
※このサイトは、おやこじてんしゃユーザーの安全を第一に考え、必要な情報をお届けする事を目的としています。

左折車通行帯のある場合と各種信号機の表示

通行帯

左折者通行帯のある車道において、その交差点を自転車で直進する場合は、図のように直進者通行帯ではなく、左折者通行帯を直進するのが正しい通行方法です。後方から進行してくる車両等に注意して進行しましょう。

また対面する信号が「赤」の場合は、停止線直前に停車しなければなりませんが、後方から左折車両が接近して危険を感じる場合は、自転車を押して歩道に上がりましょう。

信号機

軽車両である自転車は原則として車両用の信号機に従います。また、それに優先して歩行者用信号機の「歩行者・自転車専用」表示があるものは、その歩行者用信号機に従い、自転車横断帯を通行します。

「青矢印」について、自転車は右折以外の直進、左折の指示にのみ従い進行します。

停車

停車する際は、できる限り道路の左側端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければなりません。スピードが落ち、バランスを崩しやすい停車時は、周囲の状況をよく見て安全に停車しましょう。

参考サイト:自転車の交通ルール 警視庁 – 東京都

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/menu/rule.html

全国で開催!おやこじてんしゃ勉強会