シェア

WEB講座

(改訂前)問題集●答え合わせ>>回答はこちら!

回答と解説

テキスト裏表紙の問題にトライしてくださり、ありがとうございます!

回答と解説を掲載します!

2018年11月以降に配布したテキストの裏表紙「問題集」の答えはこちらです。


1:自転車は自動車の仲間。守らないと懲役や罰金もある


・あります。
・自転車が関連する事故が増加傾向にあるため、罰則や取り締まりが強化されています。
 

2:歩道を走る場合は、車と同じ左側を走る

×

・歩道は「車道寄り」を徐行します。
・車道は車と同じ左側を走行します。

3: チャイルドシートに座れない子は、抱っこ具で抱っこすれば乗っていい

×

・抱っこはバランスを崩しやすく、転倒した際に大人や自転車の下敷きになりやすいためNG。
・おんぶ紐で自転車ユーザーの体にしっかり固定した状態で自転車に同乗することができます。

4:0歳の子でも自転車にのる以上子ども用ヘルメットを被らせなければいけない

×

・ヘルメットの着用ができるのは1歳からです。

5: 小学校3年生から13歳未満はヘルメットを被らなくてもいい

×

・ヘルメットの着用が義務付けられているのは1歳から12歳までです。

6:中学生以下の子は自転車運転中に人に怪我をさせても大きな責任は問われない

×

・子どもでも大人でも自転車運転中に人に怪我をさせた場合、大きな責任が問われます。
・子どもの場合は、保護者の監督責任を問われ保護者に高額な賠償命令が下される事故が増えています。

7:雨が降った時に傘をさして自転車を運転するのは違法


・違法です。
・カッパを着用するか、別の移動手段を選択しましょう。

8:交差点で「止まれ」の標識、自転車は止まらなくても罰せられない

×

・一時停止無視で罰せられます。
・交差点での事故が大変多いため、止まれの標識が無くても止まるくらいのゆとりと安全意識をもって運転しましょう。

9:子どもは大切なので一番最初に自転車に乗せる

×

・自転車に子どもを乗せる際は、荷物などを載せて、ヘルメットを着用して「一番最後」に乗せます。
・子どもを自転車から降ろす際は、「一番最初」に降ろしましょう。子どもを安全な場所に移動させるなどして、荷物を降ろしましょう。
・駐輪中に子どもを乗せたまま自転車が倒れる事故が多いので注意しましょう。

10:チャイルドシートに自分でよじ登る事は推奨されている

×

・バランスを崩して、自転車ごと転倒しやすいので、大人が子どもを持ち上げて、チャイルドシートに乗せます。
・チャイルドシートのステップ部分は足の巻き込み防止や、走行中の足置きのためにあります。

11:後ろのチャイルドシートは5歳以下であれば30Kgまで乗っていい

×

・後ろの荷台に乗せられる重量は、チャイルドシートの重さを含めて、27Kgまでです。
・チャイルドシートごとに推奨年齢や体重が決められているので、Webサイトやカタログなどで確認しましょう。

OGKのチャイルドシートカタログ

12:前のチャイルドシートは0歳児でも、タオルを敷けば乗せていい

×

・チャイルドシートに乗せていいのは、1歳からです。
・ヘルメットの着用ができるのは1歳からです。
・赤ちゃんの体は大変未熟で、特に頭蓋骨はまだやわらかく、自転車走行時の振動から脳を守れません。
・0歳児は、おんぶ紐で自転車ユーザーの体にしっかり固定した状態で自転車に同乗することができます。

13:子ども乗せ自転車の事故は加害者の方が多い

・交差点や歩道で歩行者と接触する、自転車側が加害者となる事故が増加傾向にあります。
・事故を起こしたり、事故に遭うと怖さや悲しさが心に残ります
。おやこじてんしゃでの時間をいつまでも親子の楽しい思い出とするため、安全運転を励行しましょう。
・自転車保険(自転車での事故に対応する個人賠償責任保険)に加入しましょう。

全国で開催!おやこじてんしゃ勉強会